新しい誕生への喜び

2015/12/08

こんにちは。
ソリューションサービス部の韓です。

去る12月2日、ついに叔父さんになりました!
私には姉が二人いて、上の姉が子供を産んだのです。
家族はみんな韓国にいますが、その知らせを聞いて
すぐにでも会いに行きたいと思いました。

子供ってとても不思議な存在ですね。
直接産んだ姉にはもちろん、家族やまた離れている私にも喜びを与えてくれるからです。
就活をしているみなさんも会社や会社の先輩たちにとっては、
赤ちゃんのように喜びを与えてくれる存在だと思います。

しかし、この子供がこの世に生まれるためにはたくさんの準備が必要です。
呼吸するための呼吸器、思考するための頭脳、
食べ物を消化するための内臓、それらのものを守るための体、
その体を動かすための手足、色んなものをお母さんの胎内で準備します。
就活しているみなさんも今まで見えないところで
たくさんの準備をしてきたと思います。
その体に培われたものを会社という新しい生活で
用いてみてはいかがでしょうか。

もう一つ、子供ができて嬉しいのは希望があるからです。
その子供がどのように成長するかは誰にも分かりません。
生まれたときは親に似ているところもあると思いますが、
親と全く同じ人生を生きる子供は一人もいません。
職業は一緒でもそれぞれの生き方をそれぞれが歩んでいきます。
会社という新しい生活の中で自分自身の生き方を見つけることも
楽しいことだと思います。

長くなりましたが、今の私は新入りの叔父さんとして
姪にどのようなことをしてあげられるか、それが幸せの悩みですね。

トラックバック URL :  http://www.loginet.co.jp/recruit/archives/5119/trackback

コメントフィード