少し真面目な話

2015/12/01

どうもこんにちは。
SS部の太田です。

少し真面目な話です。

昨今のスマートフォンやタブレット端末の進化は著しく、
それと並行に昔はテレビゲームだったものもインターネット上に、
自分のアカウントを作ってオンラインで楽しめるゲームも
増えてきています。

スマートフォンのオンラインゲームは自分のアカウントを作り、
インターネットが使える環境であれば
いつでもプレイすることができます。
当然アカウントの管理者は自分自身であることは皆さんも
ご存じと思いますが、私が最近耳にしたのはそのアカウントの
乗っ取り事件です。

有名なスマホゲームでは携帯電話の機種変更の際に、
新しい携帯電話とネット上のアカウントを紐付けるため、
機種変更用の暗証番号のようなものが発行されます。
その番号をメモしておいて、新しい携帯電話でその番号を
打ち込むと自分のアカウントにアクセスできるようになります。

しかし、中には番号を間違えてメモしていたり、
メモし忘れてしまう方も当然いらっしゃいます。
そんな時、ゲーム会社に直接問い合わせることで
復旧することが可能です。
問い合わせの際は、
アカウントのIDや自分のゲームデータの特徴などを問われ、
本当にアカウントの持ち主であるのかを確認されます。
今回聞いたアカウント乗っ取りはこれを利用した手口です。
犯人はSNSに書き込まれたゲーム内容が閲覧できる写真付の書き込みで
IDなどの情報を得るそうです。

デジタルな情報は便利な反面、一歩間違うと簡単に漏洩してしまう
デメリットもあると改めて感じました。

今回ゲームを例に挙げましたが、
これに限らずブログやSNSを利用する方は
特に情報漏洩には気をつけて下さい。

トラックバック URL :  http://www.loginet.co.jp/recruit/archives/5111/trackback

コメントフィード